月別アーカイブ: 2017年3月

教育こども委員会質疑

line_01
平成
29年予算市会(平成2939日)
H29.3教育こども委員会質疑_960x640
教育こども委員会質疑(73分) ⇒ 教育こども委員会での質疑の内容はここでご覧いただけます
「教育委員会」
item1 
中央区における収容対策
・中央区にあり公立小学校では、ほぼ、全ての学校で児童数激増による教室不足が喫緊の課題と なっています。昨年、中央小学校・南大江小学校では増築工事を終了したところです。特に状況が深刻なのは、もともと校地が狭あいな開平小学校対策はスピード感をもって実施すること。
・未利用地として区分されている元芦池小学校跡地は、配置基準に達していない南幼稚園のグランドとし必須なことから売却してはならない。
item2 
高等学校の再編
・南、西、扇町統合高等学校が再編対象として候補にあげられているが、三校とも古い歴史と伝統を持ち、入学希望者も多く高い実績を挙げている。中央区、西区の学校教室不足の解消として候補にあげられたとしか考えられない。安易な考え方であり、そこには生徒の気持ちを全く考えない、行きたいと望む生徒たちの門戸を閉ざし将来に向けての進路を断ち切ることになる。統合ありきの議論に終始するのではなく、各校が培ってきた伝統と教育内容が発展、継承されるよう丁寧に検討すべきである。
item3 
学校教育ICT活用事業
・個々の学校の課題、ニーズにきめ細やかに対応し、ICT事業が真に価値あるものとすべきである。

「こども青年局」
item4 
待機児童対策
・平成29年度こども青少年局予算、大幅に増加特に待機児童対策関連は28年の31165600万が計上されている。確保する保育所入所枠は6053人分となっている。
 イ)区役所庁舎等への小規模保育事業所の設置について
 ロ)面積基準緩和について
 ハ)保育人材確保について
 ニ)きょうだい入所について
item5 
認可外保育施設に対する幼児教育の無償化
・対象施設の指定をどのように考えるのか
item6 
土地提供オーナーへの補助
・保育所用地を提供した土地の所有者に対し、都市計画税を含む固定資産税相当額を一括10年分を補助


 

Copyright © 2008 Arimoto Junko. All Rights Reserved.